cb400.png

CB400F レストア

CB400F レストア


CB400F 2種類の排気量

 hondaCB400Fに 408ccと398ccと2種類の排気量のFourが存在するのは、免許制度が改正された為です。

普通2輪免許では408ccを運転することはできませんので、注意しましょう。


408ccと398ccの見分け方を細かく言えばいろいろあります。

その中で、簡単な見分け方をいくつか書いておきます。

● 車検証の排気量

● エンジンの排気量の刻印

● フレームの形状

● スイングアーム (後輪を支えているフレーム)


現存するCB400Fourのほどんどが輸出仕様だそうです。

1974年〜1977年に生産された為、現存する国内仕様車が本当に少ないのが現状です。

最近になって、その希少価値からか旧車に人気が出てきています。

パーツの仕様が輸出した国によって、若干ずつ違うので要注意です。

CB400Fのスピードメーターは、輸出用のものは、表示が【km】でなく【マイル】表示になっています。

車検では登録できません。km仕様のスピードメーターに取り換える必要があります。

CB400Fの国内仕様のスピードメーターは、なかなか見つからないことも多いので、大手バイク業者や専門誌、オークションなど利用されたらいいのではと思います。


自分でCB400Fをレストアできる方なら、レストアを楽しみながら昔のよきバイクを長く愛用できることでしょう。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。